売買するための手続き

2014年4月23日 / 未分類

株式を売買するための手続きは、証券会社と取引をするための口座を解説することから始まり、口座開設のために必要な書類として印鑑と本人名義の預金口座情報および運転免許証や各種健康保険証、パスポートなどによって本人確認が行われます。この本人確認は犯罪等で得た資金の出所を隠すために行われるマネーローンダリングの取引を防止するために行われていて、すでにMMFやMRFなどを買い付けている場合においては口座を開設する必要がありません。一般的には証券会社において対面で口座を開設していきますが、近くにない場合などは電話やインターネットによって申し込みをして、送付されてきた用紙に必要事項を記入して捺印して、本人であると確認するための書類のコピーを同封して証券会社に返送することによって口座を開設できます。証券取引所での立ち会いは土曜日と日曜日、祝日やその振替休日、年末年始の休日を除いて毎日行われていて、立会時間はそれぞれの証券取引所によって異なりますが、東京証券取引所の場合には午前9時から11時30分が前場で、後場は午後0時30分から午後3時まで行われています。立会いの終了後に注文した場合には翌日扱いの注文になりますが、営業時間外においても営業担当者がいる場合には注文を受け付けてもらうことが出来ます。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る