配当金の受け取り方法

2014年4月23日 / 未分類

配当金の受け取り方法は、様々ありますが、一般的な受け取りは、郵送で届いた書類に押印し、指定金融機関へ持参して直接その場で現金を受け取る方法があります。 また、金融機関の預貯金口座に振り込みで受け取る方法もあります。 両者の受け取り方法には、共にメリット、デメリットがあります。 例えば、前者の場合、メリットよりデメリットの方が、起きやすくなります。 その理由として、書類が郵送で届くので郵便物の誤配達やポスト荒し、広告チラシと一緒に捨ててしまう可能性があります。 また、金融機関の窓口では、本人であるかどうかを確認するため、、運転免許証や健康保険証などの証明書類の提示を求められるケースもあり、確認ができない場合、支払いを断られる場合もあります。 さらに、受け取りには有効期限があり、期間を過ぎると、別に手続きが必要となり、その場で直ぐに受け取ることができません。 メリットは、その場で現金を受け取れること、受け取り後の形跡が残らないため、内緒にしたい場合のときぐらいです。 後者の場合、デメリットより、メリットの方が大きいです。 その理由として、預貯金口座に指定期日に振り込まれますので、確実に受け取れることになり、有効期限切れや書類の紛失と言った内容は起こりません。 デメリットは、通帳を失くさないように管理することが必要です。

 

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る