株を売買する流れ

2014年4月23日 / 未分類

株を売買する流れとしては最初に証券会社で総合口座を開設することになります。証券会社を選ぶときは手数料などを見て選ぶと良いです。こうして総合口座を開設したら取引口座を開設する必要があります。取引口座を開設できれば、後は自由に取引をすることが出来ます。今では取引をするときはインターネットを利用して、リアルタイムで相場を見ながら売買することが主流です。証券会社によっては取引ツールが用意されているところがあるので、こうしたツールを活用することで、簡単に注文を出すことができるようになります。実際に取引をするときは、寄付きから引けにかけて、自分の投資のタイミングをしっかりと考えて好きな値段で取引をします。取引に関して様々な注文方法があり、成行注文や指値注文などは利用することが多いので、その意味をしっかりと理解しておくことが大切です。成行というのは現在の相場の価格で注文を出すという方法で、現在値ですぐに取引をしたいときにオススメです。指値というのは自分の考えている値段になったときに注文を出す方法です。指値に対して逆指値というのがありますが、これは指値をするときに条件を指定することができる注文方法です。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る