登録配当金受領口座方式

2014年4月23日 / 未分類

株式の配当金の受け取り方法は3種類あるので、この中からどれか一つの方法を選んで利用することになりますが、自分にとってなるべく手間のかからない方法を選ぶことが大切です。配当金受領証方式は従来から行われている方法で、発行会社から配当金受領証が郵送によって届けられて来るので、それを郵便局の窓口まで持参して受領証と引き換えに配当金を受け取るというものです。銀行口座に振り込む場合は発行会社ごとに振り込み依頼の手続きを行いますが、受け取り方法についてなにも手続きをしない場合には自動的に銀行振り込みになります。この方法のデメリットとしては株式の購入を増やすたびに振り込み依頼の手続きをするなどの不便さがあり、現在においては登録配当金受領口座方式が利用されるようになっています。この方法は銀行口座を1回登録することによって、持っている株式の全ての銘柄の配当金がその口座に振り込まれてくるというもので、銘柄ごとに振り込み依頼をするという面倒な手続きが要らないことがメリットです。複数の証券会社に口座を持っている場合においてもどこか1社の口座を選択して振り込み口座の登録手続きをすることによって、他の証券会社の口座に入っている銘柄の配当金もすべてその振込口座に入金されます。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る